読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者向け卓球ラケットは何がいいのか

今年も4月が来ました。
オリンピックの影響で卓球部に入部する新入生も増えるんでしょうか?

卓球は道具の影響が極めて大きいスポーツです。
最初のラケット選びに失敗すると何年もそれが尾を引くとも限りません。
親御さんは慎重に選んであげてほしいです。

初心者ラケット選びの鉄則

ラバーは消耗品なので定期的に張り替える必要がありますが、ラケットは基本的には中学3年間使おうと思えば使えます。
なのでラバーはともかくラケットは慎重に良いものを選んでほしいですね。

鉄則1:安物は買わない

定価5000円以上出せばトップ選手でも使える素晴らしいラケットがゾロゾロあります。
逆に3000円台ではあまりにも弾まなかったり、変な打球感のラケットが多くて、練習の妨げになるでしょう。

ラバーと違って何年も使えるものですから、たった2000円程度をケチらないでください。
定価5000円台だと実売は4000円台になります。
これだけ出せば定評のある定番ラケットの選択肢がたくさんあるので、安さに釣られて変な初心者ラケットを買わないようにしてください。

鉄則2:弾みすぎるのは買わない

初心者のうちはボールが台になかなか収まりません。
しっかり身体を使ってボールを飛ばして、それでも台に収めるという技術を習得するためにも弾みすぎるラケットは避けてください。

鉄則3:ペンは買わない

はい、これはペン愛好家の人のは怒られるかもしれませんね。
でもね、今の卓球はシェーク全盛なんですよ。
ペンで6年間やった人が大人になって卓球再開してシェークに転向する人だっているぐらいなんですよ。

なぜシェークがいいのかを書くとペンの人から反発されそうですが、
・バックの技術が多彩
・シェーク人口が多くて周囲に参考になるプレイヤーが多い
・単純に打ち方や道具がかっこいい
まあ諸々です。

中学の部活では「他校のペン対策」をするために部内にもペン要員を置こうとしますが、お子さんが運動神経があるならばシェークにした方が無難です。

重いラケットは買わない

ラケットは木材で作られているのでどうしても重量の個体差があります。
中学生が使うなら重すぎるラケットはNG。
男子でも90gは超えない方が無難ですね。

グリップはフレア

ラケットのグリップ部分の形状は代表的なものだとフレア(FL)とストレート(ST)の2つがあります。
現在の主流は断然フレア。
手の小さな中学生でも握りやすい形状ですし、圧倒的にフレア率が高いので人のラケットを借りるときもスムーズに対応できます。
ストレートの良さも色々とあるんですが、ここはフレアにしておきましょう。

初心者ラケットのお勧め

・スワット(TSP)
・コルベル(バタフライ)
・オールラウンドエボリューション(STIGA)

個人的にはこの3つをお勧めします。
最初の一本目としては過不足無いです。

スワット(TSP)

スワットは卓球雑誌・卓球王国が発表しているラケット売上げランキングで何年も1位を独占しているモンスターラケット。
初心者から世界選手権出場選手まで幅広い層が使える7枚合板です。

癖が無く、軽く、そして安い。
迷ったらこれをとりあえず買っとけば間違い無しのスーパーラケット。

コルベル(バタフライ)

何十年にも渡って受け継がれてきた定番のラケット。
しっかりとした打球感で正統派両ハンドドライブ型に育って欲しい男の子には是非。
現在のモデルは裏にピンクのホログラムが入ってて中学生受けもしそうです。
高騰化を続けるラケット界にあって5500円を貫き通す異例のラケットです。

欠点としては中学生にはちょっと重い。
買う前にかならず重量を確認して、90gオーバーは避けるようにしましょう。

オールラウンドエボリューション(STIGA)

今をときめく平野美宇が長らく使っていたオールラウンドエボリューション。
ちなみに去年引退した平野早矢香も使っていました。

こちらもコルベルと並んで王道の5枚合板として初心者から上級者にまで愛された一枚。
しかし価格改定でちょっぴりお高くなってしまいました。

欠点としては海外メーカーのラケットなのでグリップが若干太めってところ。
普通のフレアグリップは中学生には少し太いかもしれません。
その場合はスリムフレアという細いグリップもあるので店頭にあれば実際に握ってみてください。


とりあえず以上!
追記するかもしれません。