読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤美誠5回戦で敗れる!丹羽、吉村兄も6回戦で撃沈

国内大会

5回戦で安藤みなみ(専修大)に2-4で破れ、伊藤の全日本はたったの二試合で終わった。
今のところ大会最大の番狂わせでしょう。
順調に勝ち進めば準決勝で去年と同じくみうみま対決が実現していただけに残念。
今年はジュニアはもちろんのことダブルスにも出ずにシングルスにかけていただけに、本人はなんともいえない喪失感があるでしょうね。



早田ひな、加藤美優も同じく破れ、いわゆる黄金世代で残ってるのは平野一人になってしまった。

男子の方も丹羽・吉村のリオ組があっさり6回戦で撃沈。マツケンはランク入りできず。
メディア的には決勝でリオの団体戦メンバー同士が対戦してくれたほうがライト層に報道もしやすかったでしょうね。

張本は男子ダブルスで破れ中学生になって初の全日本終了。
ジュニア・一般で早々に破れほろ苦い記憶が残る大会となってしまいました。
これでポスト水谷と呼ばれる選手はほぼ全部壊滅。

去年の世界選手権団体メンバーは男子は水谷、女子は石川以外は全滅しちゃいました。
全日本、厳しい!

今後の注目点としては

  • 女子決勝は石川vs平野と去年の再戦なるか

去年はコーチが変わった直後でスタイル変更に苦しみながらも準決勝で伊藤を破り決勝に進出した平野。
フラッシュにナーバスになり決勝ではあまりいいところなく石川の3連覇を許したので今年はリベンジして欲しい。

  • 女子はカットマンがたくさん残ってる

橋本、佐藤、石垣とカットマンがずらり。カット打ちがあんまり得意じゃない石川を破る番狂わせあるか

  • 男子は水谷vs(失礼ながら)その他大勢

みたいな感じになってしまうほど水谷が抜けている。

  • ペンの星・吉田海偉

2004、5年と連覇した吉田海偉。その後は2006年から10年近くペンは優勝できずにいる。というか水谷が強すぎて…。ペンの星・吉田海偉まさかの優勝あるか。

という感じでしょうか。
正直自分が期待した展開では無さすぎて、がっくりとまではいかないけど寂しい感じになってきてる。
でもこれがスポーツ。