卓球用具

「ビスカリア」がバタフライから復刻!価格は2.5倍であえて選ぶ必要はなし?

アリレートカーボンの先駆けとなった名ラケット「ビスカリア」が、日本国内で再発売されました。価格は廃盤前の10000円から25000円と2.5倍になっています。お高いですねえ。ビスカリア|卓球製品情報|バタフライ卓球用品 トップ選手から謎の人気を集めてい…

アナトミックグリップ(AN)ラケットのメリット・デメリット

シェークラケットのグリップにはいくつかの種類があります。フレア・・・圧倒的主流になりつつある ストレート・・・以前よりシェアを落とすも、まだまだ根強いいわゆる2強はフレアとストレートですが「アナトミック」も地味に存在しています。 多分アナトミ…

両面ディグニクスの浜本由惟が伊藤美誠に大健闘[全日本2019]

浜本由惟、女王・伊藤美誠に善戦も…逆転負けで涙/スポーツ/デイリースポーツ online序盤からサーブで積極的に仕掛け、主導権を握った浜本だったが、2-2で迎えた第5ゲームでジュースの接戦を落とし、力尽きた。想定通りの試合展開に持ち込むことはできた…

その後のヴェガイントロ

ヴェガイントロが発売されて2年近くになります。 「3200円でマークVとは格の違う性能を持った入門ラバー」という触れ込みだったけど、その後はどうなったでしょうか。残念ながらマークVの牙城は全く揺るがなかった模様。 ちょっと硬い ヴェガイントロの47.5…

真のベストギアオブザイヤー2018

卓球王国が発表しているベストギアオブザイヤーは読者からの投票の割合が高く、あんまり実態は反映していない気がします。そこで卓球王国の売上ランキングを元に「真のベストギアオブザイヤー2018」なるものを調査してみました。・裏ラバー ・シェークこの2…

ディグニクスはテナジーの2倍長持ち?コスパと耐久性の関係とは

2019年の春に発売予定のバタフライ次期トップラバー・ディグニクス。 バタフライの公式サイトによると「従来の2倍シートが長持ちする」らしいです。 シート|ディグニクス05スペシャルサイト|バタフライ卓球用品 これまでの開発で培った耐久性向上の配合技…

ウーゴ・カルデラノ フォコOFFが廃盤

廃盤に…ウーゴ・カルデラノ フォコOFFが廃盤となってしまいました。わずか1年ちょっとの命…。早すぎない? ウーゴ・カルデラノ フォコOFF+は板厚7.2mmだった 2017年秋に発売された、コヨニール/JUICの以下のラケットが廃盤になります。すでにメーカーHPから…

ブライス(バタフライ)が廃盤に

以前のブライスパッケージ1997年に登場した初のテンションラバー「ブライス」がついに廃盤となります。まるでディグニクスと入れ替わるように、一時代を築いたラバーが消えることになりました。2019年2月21日で廃盤なので、思い出に購入しておきたい人はお早…

ディグニクス80は存在するが発売未定

先日発表されたディグニクス05に続き、ディグニクス80の存在が発見されました。水谷はフォアに「ディグニクス80」を張っているそうです。水谷隼(JPN)|契約選手|バタフライ卓球用品 ただしディグニクス80は発売未定。すでにITTFの公認は取得していますが…

【速報】ディグニクス05発表。耐久性、回転、スピードがテナジー05よりアップ。

バタフライから「ディグニクス05(Dignics05)」が発売されます。このブログでも何度がお伝えしていたように、スプリングスポンジXが搭載されたテナジーの改良版です。テナジーの中でもっとも人気のある「05」と同じ粒形状を使い、スポンジはテナジーよりも「…

平野美宇とクリッパーウッドが破局か?ビスカリアに乗り換えた?[全日本2019]

全日本卓球選手権大会がいよいよ近づいてきました。今年の全日本を「卓球用具」という観点で注目すると、2つ気になる点があります。1つはバタフライの新ラバー「ディグニクス」を使用する選手はいるのかどうか。そしてもう1つがタイトルにあるように、平野美…

着々と死に向かう「アナトミックグリップ」

アナトミック(ANA)グリップが絶滅するんじゃないかと危惧しています。アナトミックグリップ大半の人が使ったことが無いであろうこのマイナーグリップですが、STIGAとバタフライだけは頑張って取り扱ってくれていました。しかし僅かな希望すらも、消えようと…

スプリングスポンジXが明日、2019年1月7日発表

いよいよ明日、バタフライからスプリングスポンジXが発表されます。スプリングスポンジX2008年に登場してグルー無き卓球界をリードしてきたモンスターラバー「テナジー」。そのテナジーの性能は「スプリングスポンジ」によってもたらされていたと言っても過…

初心者がフォアとバックに違うラバーを張ってもいいんじゃないかと思う理由

卓球をはじめたばかりの人のラケットを見ると、だいたいフォアとバックで同じラバーが張ってある。厚みも同じ。個人的には、フォアとバックは違うのを張ってもいいんじゃないかと思いますよ。例えばママさん初心者はマークVの中(1.5mm)を両面に張ってあるこ…

なぜ初心者/初級者は「売れ筋・定番ラバー」を使うべきなのか

卓球を初めて間もない初心者や初級者は「売れ筋・定番ラバー」を使うべきです。なぜでしょうか?初心者/初級者は自分でラバーを選ぶことができません。卓球そのものをよくわかっていないし、道具の特性もよくわかっていない。だから「もう少しステップアップ…

ニッタク「カラー3スター ネクセル」って何ぞや?

ニッタクの2018秋冬WEBカタログを何気なく見ていたら…「カラー3スター ネクセル」何これ? COLOR 3-STAR NEXCEL。カラー3スター ネクセル ニッタク(Nittaku) カラー 3スター ネクセル(3個入り) NB-1150posted with amazlet at 19.01.03ニッタク 売り上げラ…

箱根駅伝選手のシューズに見る、革新的な道具がもたらす混乱

お正月の風物詩、箱根駅伝の関係で面白い記事がありました。headlines.yahoo.co.jpナイキの「ヴェイパーフライ」というオレンジのシューズが今陸上界を席巻しています。マラソンの世界トップランナーはこぞって履き、今年の箱根駅伝でも実に4割の選手がヴェ…

「コントロールラバー」が入門者におすすめできない理由

卓球のラバーに詳しくない人に説明する時に、大雑把に3種類に分けるパターンがよく見られます。・コントロールラバー ・高弾性ラバー ・テンションラバー上から下にいくにつれて弾みや回転が増してきます。つまりコントロールラバーは1番弾まないラバー。だ…

なぜヴェガヨーロッパ(ヴェガヨーロ)が売れるのか

日本で最も選手層が厚い「初中級」レベルから絶大な支持を集めるラバーがあります。それがヴェガヨーロッパ(通称ヴェガヨーロ)。TSP ヴェガ ヨーロッパposted with amazlet at 18.12.31株式会社VICTAS 売り上げランキング: 7,195Amazon.co.jpで詳細を見る 最…

謎ラケットメーカー「Darker(ダーカー)」

今の若い人の間では知る人ぞ知る、みたいなポジションの「Darker(ダーカー)」。実は50年以上の歴史がある老舗ラケットメーカーなのだ。バタフライとは対極にあると言っても過言ではないDarkerさんの魅力をお伝えするのに、多くの言葉はいらない。以下の4つの…

「ディグニクス」テナジーを超えるバタフライ新ラバーが2019年に発売

ついにテナジーが過去のものとなりそうです。 バタフライが2019年にテナジーの改良版ラバー「ディグニクス」を発売することが濃厚になりました。 ディグニクスとは (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Dignics(ディグニクス)の読み方 英語…

ベストギアオブザイヤー2018を予想する

(最初に追記) 予想は見事に大外れ笑 かすりもしませんでした。 VICTASは盲点だった…。(以下本文) 卓球王国が毎年発表しているベストギアオブザイヤー。 つまり、その年に発売された道具の中で最も優秀or人気なものってこと。 そのベストギアオブザイヤーの20…

「5枚合板にしては飛ぶ」って?

「5枚合板にして飛ぶ」とか、「7枚合板にしては柔らかい」とか。 そういうのラケットのレビューでよく見かけますよね。あれ、個人的には非常に疑問を感じています。 まあ自分もたまにそういうこと書いちゃうんだけど。5枚合板だから柔らかくて飛ばないとかっ…

【2018年トレ球事情】ワールドコネクトの登場で激変するかもしれないトレ球の状況

学生さんやガチクラブの練習に欠かせない「トレ球」。プラ切り替え後のトレ球事情は本当にひどかった。 まさに高かろう悪かろう。そして2018年現在。ようやくトレ球の状況も好転してきた感じがあります。 現在のトレ球事情をまとめてみました。注目は何と言…

卓球メーカー(ブランド)について簡単な解説

これから卓球を始めよう!という人向けに、国内メーカー(ブランド)を中心に卓球メーカーの特徴を紹介してみようと思います。まずは国内4大メーカーから抑えておきましょう。 「バタフライ」 卓球界をリードするブランド ラバー、ラケット共に卓球界を代表す…

ブースター自由化か?

【追記】結局この記事で書いていたブースターの件の提案は撤回されたようです。 卓球王国WEB | ニュース>トピックスブースターがまた自由化されるかもしれません。今年2018年の世界選手権中に行われる国際卓球連盟年次総会で「ブースター自由化」の賛否投票…

2018春の新製品

自分が把握している2018年春の卓球新製品の中でも気になるラバー、ラケットをまとめてみます。 ライガン(ラバー、3700円、ヤサカ) こっちでも書いたライガン。 卓球王国ランキングでもTOP10入りの常連となりそう。 pingpong.hatenadiary.jp リーンフォースシ…

トレ球の定番になる?TSP CP40+トレーニングボール

「TSPのプラスチックボール」と聞くだけで眉をひそめる人もいるぐらい、プラ時代のTSPボールの評判は散々でした。実際問題、初期の中国製はひどかった。 ブレるし、打感は良くないし、打っていて楽しくない。そんな状況下でTSPがCP+40という安価なボールをリ…

ライガン、3700円。ヤサカから久々のヒットラバーの予感。

ヤサカから2018年3月に発売される新ラバー「ライガン」。 かなり売れそうな気がします。 3700円。安い。正義。 重量は不明 軽いと思う 42.5度 弾みのカタログ値はマークVと同じだけど明らかにもっと弾む 柔らかくて食い込んで回転かける感じ 初級だったら両…

ニッタクのラバー

ニッタクと言えばボール。特に今のプラ混乱期時代では絶大な信頼感で、普通の趣味レベルでやってる社会人でニッタク以外のボールで練習している人はほとんど見かけない。じゃあニッタクのラバーはどうでしょう? ぶっちゃけちょっと地味なイメージがあった。…