トレ球の定番になる?TSP CP40+トレーニングボール

「TSPのプラスチックボール」と聞くだけで眉をひそめる人もいるぐらい、プラ時代のTSPボールの評判は散々でした。実際問題、初期の中国製はひどかった。 ブレるし、打感は良くないし、打っていて楽しくない。そんな状況下でTSPがCP+40という安価なボールをリ…

ライガン、3700円。ヤサカから久々のヒットラバーの予感。

ヤサカから2018年3月に発売される新ラバー「ライガン」。 これかなり売れそうな気がします。 3700円。安い。正義。 重量は不明 軽いと思う 42.5度 弾みのカタログ値はマークVと同じだけど明らかにもっと弾む 柔らかくて食い込んで回転かける感じ 初級だった…

ニッタクのラバー

ニッタクと言えばボール。特に今のプラ混乱期時代では絶大な信頼感で、普通の趣味レベルでやってる社会人でニッタク以外のボールで練習している人はほとんど見かけない。じゃあニッタクのラバーはどうでしょう? ぶっちゃけちょっと地味なイメージがあった。…

セレロウッドはインフィニティ系。オルエボとは全然似ていない。

2017年に国内でも発売されたSTIGAのセレロウッド。「オールラウンドエボリューションのステップアップに」みたいな売り文句がついているけれど、自分はあまり似ていないラケットだなと思う。STIGAの中で似ているのはインフィニティVPS。2枚目に硬い板を挟ん…

本物の個性の作り方〜手塚崚馬選手に学ぶ〜

「個性を出したくて粘着貼ってます」 「個性を出したくて極薄にしました」わりとよく聞くフレーズですね。 自分の殻を破りたくて、道具で個性を演出する人。あんまり強くない中高生や、道具マニアの20代〜30代の男によくいる傾向。 何を隠そう自分もこういう…

最強の2018年世界卓球日本代表を考える

2018年世界卓球選手権ハルムスタッド大会の最強の日本代表布陣を考えてみたいと思います。 ルールを確認 世界卓球団体戦のメンバーは5人まで登録できて、1試合に3人出場です。A 2試合 B 2試合 C 1試合 って感じの出場数。Cが3番手に出ます。 男子 A 水谷 B …

卓球レポート最後の表紙は誰が飾るのか

卓球レポートの休刊が迫っています。 休刊は2018年4月号(3月20日発売)。現在発売されている岸本選手が表紙のは2018年2月号。 あと2号で休刊です。3月号は今年度の全日本関係の表紙だと思うので、 気になるのは最後の4月号の表紙が誰になるのかというところ。…

2018.1.21、全日本決勝。あの水谷が白旗をあげる張本君の強さ

2017年度の全日本卓球選手権も終わりました。寂しいですねえ。 最終日は朝から夕方まで最高に楽しめました。今大会も色々と印象的なゲームはありました。 ただ、最後の最後で、それらの好ゲームが全部記憶からぶっ飛ぶぐらいの男子決勝。張本智和14歳。 凄す…

新世界ランキングシステム導入

あけましておめでとうございます。2018年1月から世界ランキングの算出システムが変わりました。 そのおかげで、上位陣は奇妙な顔ぶれになっています。 男子 1 オフチャロフ(ドイツ) 2 樊振東(中国) 3 ボル(ドイツ) 4 林高遠(中国) 5 許昕(中国) 6 丹羽 7 馬…

初心者向けラバーに柔らかすぎるのはダメ?

・初心者はパワーが無いので、なるべく柔らかいラバーがいい ・柔らかいラバーの方がコントロールがいいってよく聞くフレーズ。 自分は正直あんまり同意できません。 プラボールになってからボールが硬くなり、余計にそう思うのかも。初心者向けラバーは、 …

ガラっと変わってしまった2017年の日本代表の序列

2017年も終わりを迎えようとしています。 今年は日本代表の序列がガラッと変わってしまった1年になりました。 男子 2017年1月時点の序列はこんな感じ。 水谷丹羽 吉村兄 大島、松平健太 張本 水谷が圧倒的なエースで、丹羽がそれに続き、ちょっと差が開いて…

中国オープン、まさかの中国選手全員棄権へ

world-tt.com中国の劉国梁総監督が就任わずか三ヶ月で退任し、中国卓球協会の名ばかりの名誉職的なポジションに異動させられるというニュースが飛び込んできました。これを受けて、なんと中国選手は現在行われている中国オープンをボイコットするようです。…

「ヴェガイントロ」は入門者のバックには硬すぎる?

スピン系テンションラバーとして日本では絶大なる信頼感とポジションを獲得したヴェガ(Vega)。そんなヴェガブランドから2017年3月に入門者向けラバー「ヴェガイントロ(Intro)」が出ました。 バックには硬い? 硬度はドイツ硬度47.5度。 これ、初心者には硬く…

混合ダブルス、東京五輪に採用!

吉村・石川ペアの世界卓球金メダル獲得が記憶に新しい混合ダブルスが、2020年東京オリンピックの種目として新しく採用されることが決まりました。BREAKING NEWS: #TableTennis Mixed Doubles has been added to the Tokyo 2020 @Olympic Games! pic.twitter.…

セレロウッド(CeleroWood)とFORTIUS FT ver.D

気になるラケットが2つ。 Stiga セレロウッド(CeleroWood) CELERO WOOD | STIGA Table Tennis インフィニティVPSを大人しくしたような感じ オルエボからのステップアップに良さそう こんな感じの声がささやかれるStiga期待の5枚合板新作ラケット。 ダイヤモ…

2017世界選手権男子シングルス日本代表について

www.ittf.comITTFのサイトに2017年世界選手権男子シングルスの出場5枠について歯に衣を着せない毒舌な意見が載っていたので紹介。とは言え私の英語力は中学生レベルなのでしっかり読み切れていない箇所もあるのでご了承ください。日本男子シングルス出場5選…

初心者向け卓球ラケットは何がいいのか

今年も4月が来ました。 オリンピックの影響で卓球部に入部する新入生も増えるんでしょうか?卓球は道具の影響が極めて大きいスポーツ。 初心者向けのラケット選びに失敗すると何年もそれが尾を引くとも限りません。親御さんは慎重に選んであげてほしいです。…

androのラザンターの評判やいかに

ラザントシリーズを廃盤にしてまでも発売したandroのフラッグシップラバーの「ラザンター」。pingpong.hatenadiary.jpここで自分が書いた予想は見事に全部裏切られましたね。 「ヴェガに対抗できるようなスピン系テンションを定価4000円前半で出すんじゃない…

10分にも及ぶ歴代最長ラリーと女子カットマンの試合が長すぎ問題

10分にも及ぶ過去最長のラリーが2017カタールオープンで繰り広げられた。「10秒でも十分激しいのに10分!?それは凄い!」…などと卓球愛好家で思う人はいないでしょうね。 ああ女子カットマン同士の試合なんだろうとすぐに見当が付くからだ。ダイジェスト版 …

androのラザントが全て廃盤という衝撃的なニュース

ティザー広告のように「重大発表」を予告していた、国内でも一部熱狂的ファンのいたドイツの卓球用具メーカーandroからなんと主力ラバーシリーズであるラザント(Rasant)シリーズが全て廃盤になるという衝撃的なプレスリリースが出された。http://www.andro.j…

突然消えてしまった愛ちゃんに思うこと

リオオリンピック後に結婚を発表してそのまま卓球界からフェードアウトしてしまった愛ちゃんだが、出産後にママさんとなって現役復帰する意向を表明した。出産後に復帰して世界トップ10に入るぐらいに力を戻した選手っているのだろか。ちょっと記憶に無い。2…

「私は日本のエースになりたい」有言実行の平野美宇

全日本卓球2017(2016年度)が終わった。たったの一大会、たったの一試合でエースが入れ替わるなんてことがあるのだろうか。 私はあの決勝に限ってしまえば「ある」と言いたい。5年近く日本女子エースとして君臨してきた石川佳純は今年24歳。 卓球選手としては…

さあ2017も最終日

ついに2017全日本卓球選手権も最終日 残すはたったの4試合になってしまった 寂しい 寝る前に決勝の展望を書いておこう ちなみに全日本は2016年度と書くのが普通なんだけど、どうも自分は年度って慣れないので2017表記してます 女子 女子の4強は石川・平野・…

伊藤美誠5回戦で敗れる!丹羽、吉村兄も6回戦で撃沈

5回戦で安藤みなみ(専修大)に2-4で破れ、伊藤の全日本はたったの二試合で終わった。 今のところ大会最大の番狂わせでしょう。 順調に勝ち進めば準決勝で去年と同じくみうみま対決が実現していただけに残念。 今年はジュニアはもちろんのことダブルスにも出…

卓球王国ゆうさん

日本で一番卓球の用具が好きな人なんじゃないでしょうか。 卓球王国の名物編集者ゆうさん。今は全国津々浦々から様々な用具を引っさげて「ローカルスター」が集う全日本卓球大会の真っ只中。 ゆうさんが一年で最も楽しそうに仕事をしてそう。そんなゆうさん…

全日本卓球2017ジュニア男子は木造、女子は笹尾が優勝する波乱の展開

男子の優勝候補筆頭だった張本がベスト8で敗れるのを皮切りに波乱続きだった2017ジュニア。女子は優勝候補2強だった早田、加藤が共に準決勝で敗れ、 横浜隼人高の笹尾 vs エリアカの長崎 という予想だにしなかった組み合わせに。優勝したのは笹尾明日香選手 …

早田ひな敗れる 全日本卓球2017ジュニア

昨日の記事で楽しみにしていたジュニア準決勝の早田vs長崎のサウスポー対決。早田が敗れる!長﨑美柚が3-1で優勝候補の2強の早田を破る。伊藤に続き平野も出場しなくなった今年のジュニアは必ず優勝するつもりで臨んだはず。 天敵の一人である梅村優香もすで…

スーパーシード初戦が派手に散る 全日本卓球2017

大島祐哉がスーパーシード初戦の4回戦でエリアカ中学3年・宇田幸矢に敗れたのに続いて、森薗までもがエリアカ緒方に敗れる。さらにリオ3人衆に続いて日本人世界ランク4番手(21位)の村松までもが敗れる大波乱が。スーパーシードの選手は4回戦からの登場なので…

大島と岸川が4回戦で敗れる

岸川はマツケンにフルゲームの末敗れる。そして大島がエリアカ宇田君に敗れるという衝撃…。 去年もランク入り前に敗れた大島。 国内戦では今ひとつ結果が出ない。宇田君は去年の4回戦では水谷と当たる不運。 今年は大島を撃破。 ジュニアではすでに姿を消し…

張本君敗退を全国紙が報道するところに卓球認知度の高まりを感じる

www.nikkei.comwww.jiji.commainichi.jp他にもいっぱい。13歳・中学1年生の男子が、全日本選手権の、それもジュニアの部のベスト8で敗れただけで全国紙がwebとはいえ見出しで報道するってちょっと前では考えられなかった。愛ちゃんや石川佳純のときは確かに…