新世界ランキングシステム導入

あけましておめでとうございます。

2018年1月から世界ランキングの算出システムが変わりました。
そのおかげで、上位陣は奇妙な顔ぶれになっています。

男子

1 オフチャロフ(ドイツ)
2 樊振東(中国)
3 ボル(ドイツ)
4 林高遠(中国)
5 許昕(中国)
6 丹羽
7 馬龍(中国) ← 15金、16金、17金
7 黄鎮廷(香港)
9 ゴジ(フランス)
10 松平健太

女子

1 陳夢(中国)
2 朱雨玲(中国)
3 馮天薇(シンガポール)
4 石川
5 伊藤
6 平野
7 鄭怡静(台湾)
8 王曼昱(中国)
9 杜凱栞(香港)
10陳幸同(中国)

21丁寧(中国) ← 15金、16金、17金



うーん…。

注目すべきはやはり馬龍と丁寧。
なんたって15年世界選手権、16年リオ、17年世界選手権のシングルスを優勝しているんですから。
まさに最強の2人のはずなのに、軒並み下位に下がっちゃってるのは辛いものを感じますね。

こんなの世界ランキングとは呼べないじゃん!っていう批判も結構あるみたいです。

ワールドツアーにあまり出ない中国トップ選手のポイントは、今後あまり上がらなくなりそう。
グランプリファイナルとかワールドカップもそれなりに大きな大会かもしれませんが、やっぱり卓球の華は世界選手権とオリンピック。
もう少し評価してポイントを底上げしてくれないと、今後もちょっとアレなランキングが続きそうです。

初心者向けラバーに柔らかすぎるのはダメ?

・初心者はパワーが無いので、なるべく柔らかいラバーがいい
・柔らかいラバーの方がコントロールがいい

ってよく聞くフレーズ。
自分は正直あんまり同意できません。
プラボールになってからボールが硬くなり、余計にそう思うのかも。

初心者向けラバーは、
「それなりに硬くて、あまり弾まないラバー」
がベストだと感じています。


柔らかすぎる弊害をいくつかあげてみます。

・打った時の感触がよくわからない
ぐにゃっと食い込むから打った時のボールとラバーの状況がわかりづらい。

・手打ちになる
当てるだけでそれなりに飛ぶので手打ちになる。

・ツッツキが飛びすぎる

ってところでしょうか。


それなりに硬いラバーは「ミートっぽく打った」「擦った」「食い込んだ」というのがわかりやすいメリットがあります。
初心者向けだからこそ、適度に硬い必要がありそうです。

とは言え、スポンジもラバー(ゴム)のどっちも硬いと球離れが早すぎます。
スポンジは硬く、ラバーは食い込みがいいのがベストでしょうね。

初心者向けラバー

ってことで今初心者に勧めるなら以下のようなラバーになります。

・ヴェガイントロ ← 特にこれ
・ヴェンタスベーシック
・マークV(バック)

特にヴェガイントロ。
これは本当にいいです。
本格的なドライブマンを目指す男子のフォア面には鉄板に近いと思います。

飛び、引っ掛かりのバランスが最高です。
引っ掛かりに関してはヴェガヨーロより上っぽいです。
ちゃんと弧線を描くし、でも飛び過ぎないので収まってくれます。
凄くいいです。安いし。

唯一の欠点は重さ。
コルベルみたいに重くて面が大きいラケットを使ってる中1にはちょっと辛く感じるかもしれないので、指導者や親がちゃんと測って欲しいと思います。


ヴェガヨーロみたいにスポンジもラバーもグニャグニャのを貼っちゃうと、上達の妨げになるんじゃないですかね。
ちょっと前まではヨーロもいいラバーだと思ってましたが、今はちょっと印象悪くなりました。
ニッタクプラボール時代に、グニャグニャ系ラバーは初心者は避けるべき。

スポンジは硬くて、ラバーはちょっと柔らかめ。
これが感覚をつかむには一番適してそうです。
ヴェガだったらアジアになるんだけど、あれはちょっと飛びすぎる。

イントロから始めて、飛距離やスピードが足らなくなったらアジアやファクティブっていう流れが、今後の中学生男子のメインストリームになりそうです。

ガラっと変わってしまった2017年の日本代表の序列

2017年も終わりを迎えようとしています。
今年は日本代表の序列がガラッと変わってしまった1年になりました。

男子

2017年1月時点の序列はこんな感じ。

水谷

丹羽


吉村兄
大島、松平健太
張本

水谷が圧倒的なエースで、丹羽がそれに続き、ちょっと差が開いて吉村兄らが追う感じ。
張本はまだまだ子供枠で「2020年にエースとして間に合うかな?」という位置づけだったように思う。

それが1年で一変してしまった。

水谷
張本
丹羽


大島、松平健太
森園、吉田雅己、上田、吉村兄弟

張本が6月の世界選手権で水谷4-1を破るという衝撃的な展開。

それ以降の張本の快進撃は凄まじい。

森園4-0(6月中国オープン)
サムソノフ4-3(6月 中国オープン)
丹羽4-0(6月 中国オープン)
吉村兄4-2(8月 チェコオープン)
ボル4-2(8月 チェコオープン)

リオのオリンピック代表の3人を全く寄せ付けていない。
ボルやサムソノフといった格上も破っちゃう始末。

もはや2020年のエース候補から、「現エース」と呼んでも差し支えのないレベル。
若いって凄い。

今年度の全日本選手権で水谷を破るようなことがあれば、名実ともに日本のエースと呼んでいいでしょう。

来年の世界選手権の団体戦の主力3人を今選ぶなら、水谷張本丹羽。
これに大島や松平健太が入るかなという感じ。
吉村兄はちょっと結果が出ていなくて心配。

女子

張本ほどとは言えませんが、平野が席巻した1年でした。

2017年初頭の序列はこんな感じ。

石川


伊藤

平野


佐藤 橋本 早田 加藤 浜本

石川がダントツ。
だいぶ差が開いて伊藤が続き、平野が追うという感じ。

平野 石川

伊藤

早田
加藤

佐藤 橋本


今はこんな感じかな。
平野は全日本で石川を破り、アジア選手権で丁寧ら3選手を破って優勝するなど、ガツンと躍進しちゃいました。
メディアでの取り上げられ方も完全にエースですね。


今団体3人を選ぶなら間違いなく平野 石川 伊藤。
そこに続く4番手を争うのが早田と加藤。
2020年の代表争いはこの5人を軸に、カットマンコンビの佐藤橋本が食い込むかどうかでしょう。
大穴として中1の木原美悠。
愛ちゃんは無いかな。


ってことでたった1年では急激に序列が変わってしまった卓球男女日本代表。
水谷、石川の圧倒的エース時代は終わりを告げて、若い世代が食い込んでくる面白い状況になりました。

とは言え、中国との差はまだまだ歴然としています。
平野がアジア選手権で優勝したことで大騒ぎしたのも今や昔。
その後は中国相手には全く勝てていません。

特に中国女子は孫穎莎、王曼昱という若い2人が出てきました。
いずれも平野伊藤と同世代なのに、丁寧・朱雨玲・陳夢・劉詩文と互角に渡り合ってます。

ぶっちゃけ女子は今後も中国には勝てない時代が続くだろうなあ…という感じ。
まだ男子の方がチャンスあります。

まとまりのない文章になっちゃいましたが、メモがてら書いてみました。

中国オープン、まさかの中国選手全員棄権へ

world-tt.com

中国の劉国梁総監督が就任わずか三ヶ月で退任し、中国卓球協会の名ばかりの名誉職的なポジションに異動させられるというニュースが飛び込んできました。これを受けて、なんと中国選手は現在行われている中国オープンをボイコットするようです。

総監督に就任する前は長らく男子チームの監督を務めていた劉国梁だけに選手からの信頼は厚く、中国卓球協会への抗議を意味を込めたボイコットなのでしょう。なかなか強烈な事態です。

先日の世界選手権の開催中に女子監督の孔令輝が更迭されたりと、ここ最近激動の展開を見せている中国卓球会。その原因はどうも中国の国家スポーツを管理する「国家体育総局」と呼ばれる機関にあるようです。

国家体育総局は中華人民共和国国務院(日本風だと内閣に相当)の直属の機関。この国家体育総局のトップに新しく就任した苟仲文局長がトップダウン式にスポーツ界を変えようとしているそうで、卓球に限らず他のスポーツでも混乱が続いている模様。苟仲文はもちろん共産党の御偉いさんで、2022年の北京オリンピック委員会会長も務めている中国スポーツ界の重鎮。

いわば「中国共産党の御偉いさん vs 卓球トップ選手」といった構図になっちゃってるわけで。今回ボイコットした選手に対して国際大会やワールドオープンへの参加を国家体育総局が禁じるというペナルティを課す恐れもあります。ちょっと選手のことが心配です。

追記

world-tt.com

懸念した通りめんどくさいことになってきたようです。
ここで記事が言及している国家体育総局のコメントの原文はこちら。
http://www.sport.gov.cn/n10503/c811983/content.html

張継科の引退がいよいよ現実のものとなりつつある今、試合前にボイコットした馬龍、樊振東、許シンの中国トップ3は今後どうなってしまうのか。

オリンピックは去年終わり次の世界選手権もかなり先の2018年5月という、まさに現在は中国卓球会からすれば谷間のような時期だけに、思い切った処分が下される可能性はあります。


「ヴェガイントロ」は入門者のバックには硬すぎる?

f:id:PingPONG:20170616235317p:plain

スピン系テンションラバーとして日本では絶大なる信頼感とポジションを獲得したヴェガ(Vega)。

そんなヴェガブランドから2017年3月に入門者向けラバー「ヴェガイントロ(Intro)」が出ました。

バックには硬い?

硬度はドイツ硬度47.5度。
これ、初心者には硬くないですかね?

フォアだったら何とかなりそうですが、バックにはちょっと硬すぎる気がするんですよ。せめて42.5度かなあと。
試しに2.0mmを貼って、バックで初心者特有の「自信無さげに振る」感じをイメージして使ってみると、ポトポトと落としちゃうんですよね。

これを本当の初心者が使うと、落とすのが怖いからラケットを寝かせられずに、いつまでも面を立てて押すような打ち方しかしないんじゃないかという懸念があります。

重い?

スワットにいくつかのヴェガシリーズ(同じ2.0mm)を貼ってみたところ重量は以下のようになりました。

イントロ 47g(47.5度)
ヨーロDF 42g(37.5度)
アジアDF 44g(42.5度)

ちょっと重いかなあ。まあ1.8mmだともっと差が縮まるから重さは大丈夫なのかな。

フォアにはいいけどバックにはあんまり勧めたくない

ツッツキやブロックはいい感じだと思いますが、しっかり振るバックハンドを覚える最初の一枚にはちょっと硬い気がしてなりません。
フォアにヴェガイントロ、バックにはマークV(あるいはマークV・AD)あたりが無難だと思いました。

混合ダブルス、東京五輪に採用!

吉村・石川ペアの世界卓球金メダル獲得が記憶に新しい混合ダブルスが、2020年東京オリンピックの種目として新しく採用されることが決まりました。

現在のところ団体戦のみ出場する3番手の選手のみが混合ダブルスに出られる方向性とのこと。

つまりリオ五輪の日本代表であれば、

水谷(シングルス・団体)
丹羽(シングルス・団体)
吉村(団体のみ) ← 混合ダブルス

石川(シングルス・団体)
福原(シングルス・団体)
伊藤(団体のみ) ← 混合ダブルス

ということになる。
石川・吉村ペアが強いからといって、そのようには組めないということ。

なぜそのような制約を設けるのでしょうか?

オリンピックの肥大化

背景にはオリンピックの肥大化。
参加選手人数をあまり多くしたくないというIOC(国際オリンピック委員会)の意向でしょう。

96年のアトランタオリンピックぐらいまでは種目・選手数は増えれば増えるほどいい!という感じで、どんどんと大会の規模が大きくなる一方で、それが開催国の負担につながっているという批判が根強かったわけです。このペースで肥大化が勧めば開催費も飛躍的に増大し、もはや開催国に立候補できる国は一部に限られてしまうのではないかという懸念が強かった。

だから種目や参加人数を減らしていこうという流れになっているわけです。

色々と疑問も

しかし、これだと団体戦に出場できない国はいったいどうするのだろうという疑問が湧いてきます。中国日本ドイツのような国は当然シングルスも団体も出場できるわけですが、ベラルーシのように強い個人(サムソノフ)がいても団体に出られない国はあります。どうするんでしょうか。

もし団体戦に出ていない国は自由に混合ペアを組めるとすると、それはそれで団体戦出場国とハンデがついてしまうし。うーむ。

あと国際ペアはやっぱり無理なんですかね。

右と左のペアが組めない

言うまでも無く卓球のダブルスは右と左で組んだ方が圧倒的に有利です。私のような愛好家レベルでも左のペアとだとやりやすいですし勝ちやすいですが、トップレベルになると右右では無理ゲーみたいなところがあります。

団体戦の3番手同士で組むとなると右右でやらざるをえないペアが増えるでしょう。

卓球のメダル数は少なすぎる

ちょっと話逸れますが。
男女シングルス、男女団体の4種目に新たに混合ダブルスが加わって5種目となった卓球競技。
でもこれ少なすぎませんかね…。

参考までに。
ボート 14
セーリング 10
自転車 18
フェンシング 10
カヌー 16

これらと比べても競技人口が桁外れに多いはずの卓球が5というのはちょっと厳しすぎるのではないでしょうか。
男女ダブルスも採用して欲しいなあと。

中国には勝ちやすくなるか?

しかし悪いことばかりではありません。どうしても混合ペアというのは軽視されがちで、中国なんかは全くやる気がありません。事実世界卓球でも全然本気出してないペアリングを組んでました。

ところがオリンピックのメダルとなると中国は当然本気出してくるでしょう。もしリオの時にベストペアを組むなら右の馬龍に左の丁寧だったでしょう。やばいですね笑。まず勝てないです。大島森薗ペアですらどうなのか…

でも団体戦3番手同士となると、このようなえげつないペアは組めませんから他国も勝ちやすくなるかもしれません!これは朗報だ!

ちなみにリオの時の3番手はこの2人。

許昕(左)
劉詩文(右)

なんだ、結局無理ゲーじゃん…。

中国の3番手が右右で日本が右左になってくれるのを祈るしかないですかね。そう考えると団体3番手同士の強制ペアってのは中国以外の国に金メダルの可能性が高くなるいい方法なのかもしれません。

セレロウッド(CeleroWood)とFORTIUS FT ver.D

気になるラケットが2つ。

Stiga セレロウッド(CeleroWood)

CELERO WOOD | STIGA Table Tennis

f:id:PingPONG:20170523130156p:plain

  • インフィニティVPSを大人しくしたような感じ
  • オルエボからのステップアップに良さそう

こんな感じの声がささやかれるStiga期待の5枚合板新作ラケット。
ダイヤモンドタッチ加工が施されているので、恐らくオルエボよりはだいぶインフィニティに近い気がする。

Stigaのスペックはこんな感じ。

CONTROL: 74
SPEED: 95

f:id:PingPONG:20170523130924p:plain

中央左側の赤丸がセレロウッドの位置。
こうやってみるとオルエボよりも少し固くした程度で、弾みはインフィニティやクリッパーよりちょっと落ちる程度なんですね。

続々・展示会はスティガへ | 卓球王国BLOG | 台隅をつつけ! | ゆう

  • インフィニティをもう少し大人しくしたブレード
  • インフィニティは5枚合板なのに硬くて弾きすぎてしまう。セレロウッドは少々寛容になっています。しかし、インフィニティ的攻撃時の弾み、飛距離、ボールの重さを維持。
  • (板厚は) 5.5mm
  • 数字ではローズのほうが弾みますが、セレロのほうが板厚が少々あるので、ミートは弾みます

とのこと。

これは期待!薄いぞ!

クリッパーは厚すぎて表みたいに弾く人とか上級のドライブマンににはいいかもしれないけど中級レベルのドライブマンにはちょっと辛い。セレロウッドはそういう層にどんぴしゃっぽくて良さそう。見た目も落ち着いてて好き。RTRとかちょっとねえ…。

ちなみに7月からは長らくStiga製品を扱っていた代理店のユニバーではなくてStigaが直接日本市場を管理するらしいです。多分このタイミングでセレロウッドも発売なのかな。

価格予想ですが、インフィニティVPS(12,000円)よりちょっと安い程度でしょう。10000円を下回る事は無さそう。

FORTIUS FT ver.D

f:id:PingPONG:20170523132003p:plain
products.mizuno.jp

ミズノの看板ラケットFORTIUS FTに新ラケット登場。
16,200円と、そこそこ安くて高性能な木材ラケットっていうFORTIUS FTのイメージをぶっ壊してきました。

ってことで表面の板の色が違うのは染色だそう。
7枚+2枚素材とのことなのでFTの構成のどこかに素材を入れただけなのかな?

徐々にFORTIUS FTラインナップも増えてきましたが、オリジナルぐらい評価を受けているラケットが出てこないですね。一時期はスワットのような存在になるのかなと思ったんですが…。スワットはオリジナルは相変わらずバカ売れで、他の派生ラインナップもそれなりに売れてるんですがね。